Archive for the ‘未分類’ Category

ムダ毛の量が少ない方

ムダ毛処理の方法は様々な種類がありますが、毛の量や質により向いている方法には違いがありますので、それぞれに合った施術方法を選んでいきましょう。
毛の濃い人の場合は、自己処理でもきれいに仕上がらない、剃り跡が目立ってしまう場合もありますので、こうした場合は思い切って、エステサロンやクリニックの施術で毛を減らしていくという方法も向いています。

そして、毛の量が比較的少ないという方の場合は家庭での処理でもあまり手間なく処理ができますので、自宅での処理を選ぶのも良いでしょう。

家庭での処理方法も様々な種類がありますが、特に簡単な方法としては脱毛クリームがあります。
この方法は、毛の気になる部分いクリームを塗り、その後、拭き取ったり、洗い流すだけできれいに処理が行えます。
この場合は毛根部分は残りますが、痛みもありませんし、カミソリに比べると肌の負担も少なくなります。

脱毛クリームにも様々な種類がありますので、よく比較して肌に合う商品を選んでいきましょう。
肌の弱い方の場合は、敏感肌にも対応した商品を選んでおくとより安心です。

効果を長持ちさせたい場合は、より毛穴の奥まで対応できる商品や抑毛効果のある商品を選んでおくと良いでしょう。

サロンに通うのが面倒な方

ムダ毛を処理をしようとしても面倒になったりすることがあります。

 
エステサロンに通うにも長期間通わなければならないことや料金が高いということ、ムダ毛をコンプレックスに感じている人は、それをエステティシャンに見せなければならないということに抵抗がある人もいます。
毎回予約しなければならないことやエステが近くにない場合もあるので、わざわざ通うのが面倒なことがあります。
自分で処理をするとなるとカミソリで処理をしますが、刃物を使っているのでムダ毛と一緒に肌も削ってしまうことがあります。
カミソリで処理をすると広範囲に処理できるので楽ですが、毛根も残ってしまうのですぐに生えてしまったりして目立ってしまうのがデメリットです。
肌が傷つくことも多く、赤くなったり色素が沈着して黒ずんだりして肌が荒れてしまうことが多いです。

猫09
毛抜きを使うと毛根まで処理することができますが、一本ずつ処理をするので時間が掛かってしまうのがデメリットです。
脱毛クリームを使うと広範囲に脱毛ができて、毛根まで抜くことができるので短時間で綺麗にすることができます。
毛根まで綺麗になるので次に生えてくるまで時間が掛かり、頻繁に処理をしなくて済むので肌にも優しいです。

脱毛クリームに適している人

脱毛クリーム(脱毛ローション)は、脱毛したい部位に塗ってしばらく置いてから洗い落とすだけで手軽にムダ毛処理ができる製品で、ムダ毛の自己処理にかかる手間を大幅に軽減することができることから、ネット通販を中心に様々な製品が販売されていますが、こうした製品を使用した脱毛方法に適している人とはどんな人なのでしょうか。

たとえば、脱毛に使用できるクリームやローションの多くは手頃な価格で購入できるので、脱毛にかかるコストを少しでも節約したいという人に適しています。
また、この脱毛方法は、自宅でいつでも思い立ったときに短時間でスムーズにムダ毛処理が行えるので、仕事や家事、子育てなどで日常生活が忙しくてムダ毛処理の時間を十分に取れないという方や脱毛サロン・クリニックに通って他人に脱毛を任せることに抵抗があるという方も、この脱毛方法に適している人といえます。

一方、カミソリや脱毛テープなどでの自己処理は、肌への刺激が大きく、肌を傷つけやすいので、肌荒れや埋没毛、黒ずみなどの肌トラブルを引き起こす原因となります。
これに対して、クリームを使用した脱毛方法は、特殊な薬剤でムダ毛を溶かして無理なく脱毛するというものなので、肌を傷つけたくないという方や敏感肌・アトピー肌などで肌への強い刺激に弱い方などにも適しています。
最近では、合成着色料・合成香料・保存料などの化学薬品を使用せずに天然成分のみで製造した無添加のクリームも増えているので、特に、肌への刺激に弱い方にはこうしたものを使うことをお勧めします。

広範囲を痛みなく処理できる

多くの人にとって悩みの種であると言っても過言ではない無駄毛の処理。
特に暑い季節では肌を露出する機会も多くなるので、しっかりと処理をしておきたいものです。無駄毛の処理の方法として、自宅で行うセルフケアで一般的な方法と言えるのが、カミソリなどによる処理です。専用のクリームや石鹸などを該当部位に塗り、カミソリで剃るのです。また、毛抜きなどで根元から毛を抜くという人も多くいることでしょう。

しかし、これらの方法で無駄毛を処理した場合、様々な弊害が起こることが考えられます。カミソリで剃る方法の場合、肌を傷つけしまいますし、敏感肌の場合はヒリヒリとした痛みに襲われることでしょう。さらにカミソリで剃っただけでは根元から処理をしているわけではないので、またすぐに毛が伸びてきてしまうのです。
毛抜きで抜く方法の場合は、広範囲を処理するのに時間がかかりすぎて現実的ではありませんし、抜くたびに痛みがあります。抜いた毛穴に細菌が入り炎症が起きてしまう可能性も考えられます。猫08

自宅での無駄毛処理の方法として、最もおすすめなのが脱毛クリームの利用です。
短時間で痛みもなく、簡単に脱毛ができますし、皮膚への負担も少なく製品によっては美肌効果が期待できるものもあるのです。

成分によっては美肌効果も

脱毛クリームを利用することで、毛を取り除くことが可能になってきます。
クリームを使うことにより、毛を溶かすことができますし、より深い部分まで溶かしていくことができるため、脱毛の効果を感じられるのです。
ただし、毛を溶かす効果のある成分が含まれていることにより、お肌に負担をかけることがないか心配になってしまうでしょう。
脱毛クリームの中には、肌に負担をかけないように美肌成分が入っているものも存在しているのです。
植物から抽出した成分を入れることにより、脱毛したときの肌へのダメージを軽減することができますし、使った後のお肌の乾燥等も防止することができます。
また、クリームによってコラーゲンなどのお肌の水分を高めてくれるものも入っていますので、肌の乾燥や荒れが気になる方でも安心して使用することができるでしょう。
クリームを使う時には、まず脱毛に効果があることを優先する必要があるのですが、それとともに美肌効果があるのかにも注目する必要があります。
美肌に対して効果的なクリームを使うことにより、肌へのダメージを気にすることなく定期的に使うことができますので、いつでもムダ毛のないお肌を維持できるようになるのです。

脱毛クリームの効き目

脱毛クリームはカミソリでむだ毛を剃って肌を傷つけたり、毛抜きで抜いて埋没毛や黒ずみを起こしたりすることなく脱毛することができます。毛のタンパク質を溶かします。クリーム除毛を行なうと毛を溶かして再生も極力防ぐことができ、簡単で早く効き目を実感できます。また、痛みが全くないことが特徴のひとつです。そり残しや抜き残しを心配する必要もありません。リーズナブルに試すことができるので、簡単に始めることができます。
使い方は、むだ毛のある部分に直接クリームを塗ります。約5分〜10分おいてから洗い流します。足、腕、ワキ、ビキニラインなどに使用できます。肌を守る成分や保湿成分が含まれているものが多く、脱毛後は肌もつるつるできれいになります。クリームで処理すると埋没毛やちくちくした感じを防ぐことができます。また、敏感肌用の製品もあるので、肌の状態に合わせて選ぶことが可能です。使用する前にはパッチテストをして肌にかゆみや赤み、ひりひり感などがないか確かめることが必要です。肌の状態は変わりやすいので、脱毛する際は毎回行なうことが推奨されます。
シャワーをしながら使うことができるものもあり、時間を有効に使うことができます。”

毛と一緒に皮膚まで溶かさないの?

 

脱毛クリームは、皮膚まで一緒に溶かす危険があります。猫07

 

クリームにはタンパク質を溶かす強いアルカリ性の薬品でできています。そんな強い薬品を直接お肌に塗ってしまうのはとても危険です。肌にとっても刺激が強く、肌トラブルを起こしてしまう危険があります。このようなクリームを使って、肌が痒くなったり、赤く腫れてしまったことはありませんか?これは、アルカリ性の薬品に対するアレルギー反応です。このような危険なお手入れはやめて、エステサロンやクリニックでお手入れを行うようにしてみてはいかがでしょう。危険なクリームを使ってお手入れをしても、すべすべのお肌でいられるのは一瞬のことです。すぐに、元通りになってしまいます。それならば、エステサロンやクリニックで本格的にお手入れをして、すべすべの肌を手に入れた方がよっぽど効率的です。

 

エステサロンやクリニックでのお手入れでは、お肌を傷める心配はありません。そして、お手入れを完了してしまえば、もう2度とお手入れのためにサロンやクリニックに通う必要はないのです。ワキの処理くらいなら、キャンペーンもよく行っていますし、ドラッグストアでクリームを買うよりも安い費用でお手入れできるところもあります。一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょう。

どんな成分が入っているの?

クリームをムダ毛が気になる範囲に塗って拭い去るだけで、毛根からつるっと脱毛できてしまう脱毛クリームですが、その効果を可能にしている成分とは一体どのようなものでしょうか。

猫06
脱毛クリームの効果の正体はチオグリコール酸カルシウムという薬品です。チオグリコール酸カルシウムは大半の脱毛クリームに配合されているので、名前を見たことのある人もいるのではないかと思います。薬品を肌に塗っても安全なのかと心配する人もいるでしょうが、チオグリコール酸カルシウムは厚労省から医薬部外品として認定を受けているのでその点では心配はいりません。この薬品の効果で毛を構成しているたんぱく質を分解して根元からきれいに脱毛することが可能なのです。カミソリで処理した時とは異なり、毛穴までなくなったようになるのもそのためです。脱毛クリームには、チオグリコール酸カルシウムの作用をさらに効果的にするためにアルカリ剤も併せて配合しています。

 
脱毛クリームは毛根からの脱毛に必要なチオグリコール酸カルシウム以外にも、肌をいたわるハーブや豆乳などの美容効果のあるエキスを配合して付加価値を高めているものが多くあります。色々試してみるのがいいですね。

脱毛クリームのメカニズム

脱毛クリームは、強いアルカリ性の薬品でできています。そのアルカリ性の薬品にはタンパク質を溶かす作用があり、ムダ毛にこのクリームを塗ることでタンパク質でできているムダ毛を溶かして脱毛するメカニズムです。しかし、ここで注意が必要です。ムダ毛だけではなく、人の肌もタンパク質でできているのです。つまりムダ毛だけでなく、クリームによって肌までも溶かされているのです。

 

このようなクリームを使って、肌が痒くなったり、ピリピリ痛くなったり、赤く腫れたことはないでしょうか?

 

これは、肌がアルカリ性の薬品に対してアレルギー反応を起こしているのです。肌が弱い方はもちろん、丈夫だと思っている方にもお勧めできる脱毛法ではありません。肌が取り返しのつかないダメージを受ける前に、このような危険な脱毛法は辞めることをお勧めします。一番、肌にとって安全な脱毛法は、クリニックで行う医療脱毛です。一般的には、どこの部位でも5、6回脱毛を行えば自己処理の必要がないくらいに脱毛することができます。

 

脱毛マシンのレーザーは、ムダ毛の黒い色にしか反応しない性質があるので、肌に与えるダメージは全くありません。このような危険な脱毛はすぐにやめて、一度カウンセリングを体験してみてはいかがでしょう。